男性がファッションで気をつけるべき色使いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはファッションの色組み合わせについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
私はメンズファッションにおいて印象を大きく左右する重要な要素の一つと考えています。

そこで今回はオシャレな人の色使いとセンスのない人の色使いにはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

両者の違いを見ていく中でNGな色使いやオシャレに見える色使いの法則を覚えて、ファッションセンスを磨き外見の限界へ目指しましょう。

ダサく見られがちなNGな色使い3パターン

パターン①組み合わせている色が多い

出典:logilab-ロジカル着こなしラボ

こちらの画像を見て分かるように、色を多く使い過ぎてしまうと色の統一感が無くなってしまいます。そして結果としてダサく見られてしまいます。

ご自身も上の画像のように色を多く使い過ぎていないか一度確認してみましょう。

パターン②反対色を使用している

まず、反対色とは上の画像の色相環で正反対に位置する色同士の組み合わせことです。

このことから反対色を使用すると、組み合わせている色が少なくても色の系統が真逆のため色での統一感が一気に無くなってしまいます。

皆さんもこの反対色でコーディネートしていないかこの機会に確認してみて下さい。

パターン③派手な色の組み合わせ

出典:WEAR

派手で主張の強い色同士を組み合わせた場合、色同士が喧嘩して、ごちゃごちゃしてしまいます。

基本は派手な色は1色にして、その他は無彩色(白、黒)で合わせると良いでしょう。

おしゃれに見える色使いの3つのテクニック

①使う色は3色まで

出典:WEAR

NGな色使いでも挙げたように組み合わせる色が多くなればなるほど、コーディネートにまとまりが無くなってしまいます。

そこで使用する色は3色までと決めてコーディネートをすることで、全体の統一感が出すことができ、オシャレになります。

②下半身には暗い色を使う

出典:WEAR

膨張色と収縮色についてご存知でしょうか?
まず、膨張色(白などの明るい色)とは同じ大きさのものでも大きく見え、対して収縮色(黒などの暗い色)は小さく見える色となっています。

出典:色彩の心理学

このことから、膨張色でコーディネートすると下半身のシルエットが太く見えてしまいますが、

収縮色でコーディネートすることにより下半身がすっきりと見え、全身のコーディネートに良い影響を与えます。そのため、下半身には暗い色を使いましょう。

下半身のコーディネートは、メンズファッションの基礎部分となります。
そのため、下半身には特に力を入れましょう。

③モノトーンコーディネートを利用する

出典:WEAR

モノトーンコーデとは主に黒、白、グレーを使用したコーディネートとなります。

色を多く使用することで出てしまう、ごちゃごちゃ感が無くなり
無駄の無いシンプルで清潔感を出し、女性から好印象を受けることができます。

また、黒、白、グレーの色合わせの相性がとても良く統一感が出ます。
コーディネートに悩んでいる方は、まずモノトーンコーデから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダサく見られがちなNGな色使い3パターン

パターン①組み合わせている色が多い
→色を多く使い過ぎてしまうと色の統一感が無くなり、ダサく見られてしまう。

パターン②反対色を使用している
→反対色を組み合わせている色が少なくても色の系統が真逆のため統一感が無くなってしまう。

パターン③派手な色の組み合わせ
→派手な色を組み合わせると、色同士が喧嘩して、統一感が無くなる。

おしゃれに見える色使いの3つのテクニック

①使う色は3色まで
→全体の統一感が出すことができ、オシャレになります。

②下半身には暗い色を使う
→暗い色を使うことで下半身がスマートに見え、コーディネート全体に良い影響を与える。

③モノトーンコーディネートを利用する
→シンプルさ、清潔感、統一感を出すことができるのでモノトーンコーデはおすすめ

こちらでファッションの色使いについては以上となります。

今後服の購入やコーディネートの際には色使いにも注意して
外見の限界へと進みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。